オルメテックは高血圧症の治療に使われる薬です。
血圧が高くてお悩みの方は、この薬を飲むことで高めの血圧を安定させ、高血圧症に伴うさまざまな症状を改善することができます。
また、オルメテックは心臓や腎臓の負担を軽くする働きも持っています。
オルメテックには、オルメサルタンという有効成分が含まれています。
オルメサルタンは、血圧を上げる作用を持っているアンジオテンシンIIという物質の働きを阻害します。

アンジオテンシンIIは、血液中へのナトリウムの再吸収を促進したり、血液中の水分量を増やすホルモンであるアルドステロンを分泌させる働きを持っています。
オルメサルタンこの働きを阻害することで、血液中の水分量が増えて血圧が上昇することを防いでくれます。

オルメテックは飲みやすい錠剤タイプの薬です。1日1回だけ服用することで、持続的な効果を発揮します。
24時間継続して血圧のコントロールをしたいという人に向いている薬です。

この薬にはいくつかの副作用があります。
もし、持病や薬に対するアレルギーなどを持っている場合は、事前に医師や薬剤師などに相談するようにしましょう。
オルメテックの主な副作用としては、頭痛やめまい・倦怠感などをあげることができます。
これらの副作用は血圧の低下によって引き起こされるもので、ふつうはあまりひどくなることはありません。

また、発疹や発赤・かゆみなどの症状が出る人もいます。
肝臓に負担がかかっていると、このような皮膚症状や倦怠感が現れることがあるので、肝臓が良くない人は注意するようにしてください。
また、高カリウム血症や重い腎臓病にかかっている人では、一時的に腎機能が低下することがあります。
ほかの薬を飲んでいる人や高齢の人などは、少ない用量から始めたほうが良いとされています。

オルメテックは、このように血圧を下げる効果が高い薬で、病院でもこの薬が処方されることが多くなっています。
しかし、この薬にはまだ市販薬は存在していません。

オルメテックの価格と用量の選び方とは

オルメサルタン・メドキソミルは降圧剤に分類が行われる医薬品で、オルメテックはこのオルメサルタン・メドキソミルを主成分としたお薬です。
オルメテックは血圧を下げるお薬で、主に高血圧症に用います。
オルメテックの効果は血圧を上げるアンジオテンシンIIと呼ぶ体内物質を抑える作用で得られるもの、体の血管が広がり水分や電解質が調整されるなどで血圧が下がります。
これにより、心臓や腎臓の負担を軽くする効果を期待出来るようになるわけです。

主な副作用の中には身体のだるさやめまい、頭痛などが生じる事もありますが、徐々に慣れて来るなどからもそれほど心配はないと言われています。
但し、元々腎臓が悪い人は飲み始めの頃に肝機能が一時的に悪くなる事もあり、高カリウム血症についても注意をする必要があるので、定期的な血液検査を受けて重度の症状に前に予防しましょう。

オルメテックには5mgを初め、10mg、20mg、40mgの4種類の用量が用意してあります。
用法としては通常成人の場合はオルメサルタン・メドキソミルとして10~20mgを1日1回服用します。
また、1日5~10mgから服用を初めて、年齢や症状などにより増減しますが、1日の最大服用量は40mgを上限とするのが特徴です。

薬の効果が効き過ぎてしまった時などは、血圧が下がり過ぎてしまい、強いめまいや立ちくらみなどの副作用が生じる事もあります。
高齢の人や血液透析中、厳重な減塩療法を行っている人、夏季の脱水時や利尿薬など他の医薬品と併用する場合には注意が必要です。

尚、オルメテックの価格は市販薬ではないため薬価としての情報を入手出来ます。
例えば、オルメテック錠10mgの薬価は59.3円、5mgが31.5円、40mgが171.5円になります。