ミカルディスはテルミサルタンを主成分とした、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)という種類の高血圧治療薬です。
脳卒中や心筋梗塞等の症状に繋がる病気には動脈硬化がありますが、これを加速させるのが高血圧となります。
そこで、これらの病気を予防する為に、血圧を下げる薬であるミカルディス等のアンジオテンシンII受容体拮抗薬が用いられるのです。

アンジオテンシンIIとは血圧を上げる物質ですから、このアンジオテンシンIIの働きを抑制することにより血圧の上昇も抑えられるというわけです。
アンジオテンシンIIには受容体に作用する性質を持っていて、この受容体は受容体をアンジオテンシンII受容体と呼ばれます。
アンジオテンシンII受容体を阻害することで、血圧を上昇させる作用が発揮されなくなるので、結果として血圧を下げることができるようになります。

つまり、ミカルディスはアンジオテンシンIIが受容体に結合するのを阻害して血圧を下げる効果があるのです。
他にもアンジオテンシンII受容体拮抗薬はいくつか存在しますが、それぞれ消失経路や半減期等に違いがあるので、自分の体質に合ったものを見極めることが重要です。

ミカルディスは、インスリン抵抗性を改善する作用を持っています。
インスリン抵抗性とは、インスリンの効き目が弱くなっている状態を指します。
ミカルディスの構造は、インスリン抵抗性改善作用がある糖尿病治療薬のアクトスとよく似ています。
そのため、ミカルディスはアクトスと同様にインスリン抵抗性を改善する効果が期待できるというわけです。

また、他のアンジオテンシンII受容体阻害薬と比べて排泄経路の違いに特徴があります。
多くの薬は腎臓で排泄されたり肝臓で代謝されるのですが、ミカルディスはほぼ100%の割合で肝臓から胆汁と共に排泄されるのです。
そのため、腎臓の機能が悪い人でも問題なく使用することができます。
ミカルディスは多数のジェネリック医薬品が開発されていて、薬価が安いこともあってか浸透速度は非常に速く人気の高さが窺えます。
このように、血圧を下げる効果に加えて糖尿病にも効果があるミカルディスは、今後ますます注目を集めることが予想できます。

ミカルディスのジェネリックは何が違う?

糖尿病にも効果があると言われているミカルディスにはジェネリックが発売されています。
特許が切れてから承認され販売を開始し、取扱業者が20社以上と瞬く間に広がりました。
ジェネリックの大きな特徴は先発薬よりも薬価が安いと言うことです。

開発費用を必要としないため、その分を削減することが可能だからです。
ミカルディスの場合も約半分の薬価で取り扱われます。これは患者へも保険制度にも優しいことになります。
ただし、ジェネリックは先発品と完全に同じなわけではありません。

通常ジェネリックは先発薬と同じ有効成分が含まれている薬で厚生労働省の承認を経て発売されます。
薬の効能効果は有効成分によって決まるため、同じであれば効き目も同じと言うことになります。
ただし、実は少し違いがあります。それは原薬、添加物、製法などは違っていても良いとうことです。

これらの成分の違いや製法の違いが全く影響しないわけはなく、服用後の薬の吸収のされ方や味、溶け方などに若干の違いが生まれます。
そのため、人によっては先発品では効果があるのにジェネリックでは効果が薄いと言う恐れもあります。
ジェネリックを好まない人がいるのはそのためです。

ミカルディスのジェネリックは、オーソライズドジェネリックと言ってそのような心配がありません。
オーソライズドとは先発薬のメーカーから許諾を受けていると言う意味で、有効成分、原薬、添加物、製法、製造工場、形状、色、味、効能効果が同一になっています。
つまり先発品との違いがほとんどないと言うことです。
ここまで同じ条件がと整っているジェネリックなら処方されても安心です。先発品と同じで薬価が安いと言う夢のような薬です。