ミカルディス錠、一般名をテルミサルタンと言います。2002年に発売された降圧剤です。
高血圧症の治療に使われるほか、心不全など心臓病を持つ人・腎硬化症や糖尿から来る腎症といった腎臓病を持つ人にも有効とされています。

血圧を下げる薬は他にもありますが、ミカルディスはアンジオテンシンII受容体拮抗薬というタイプになります。略称はARBです。
アンジオテンシンIIというのは体内で血圧を上げる役割を持つ成分なのですが、これを抑えることで血管が広がり、水分や電解質が調整され、血圧低下効果が生み出されるのです。
血液を送り出す心臓や、血液をろ過する腎臓の負担も軽くなります。

高血圧でも、初期段階では身体に何らかの症状が出てくることもなく、健康診断などで指摘されて気がつく方がほとんどでしょう。
ミカルディスを使って血圧を適切に保つことで、脳卒中や心臓病・腎臓病予防になります。
命に関わる重大な病気が起こる前に、生活習慣を改善すると共に、薬の力も借りるようにしましょう。

ただし、服用する中で副作用もあります。
身体がだるかったり、めまいや頭痛を感じたり、服用を続ける中で徐々に慣れていくはずですがひどいときには早めに医師に相談してみた方がよいでしょう。
類似薬としてACE阻害薬というのもありますが、こちらによく見られる咳の副作用はミカルディスには起こることがほとんどなく使いやすい薬です。

薬が効きすぎることで血圧が下がりすぎることもあります。失神など重い症状もあるため、高齢者や夏季の脱水時などには注意が必要です。
グレープフルーツと併用することでも血圧低下効果は高まりやすいとされています。生のままで食べるだけでなくジュースで飲むだけでも危険です。

ミカルディスを安く手に入れたいというのであれば、個人輸入代行を利用すれば40mg5000円程度の価格で買うことができます。
診察代や病院までの交通費もかかりません。とはいえ、副作用もある薬だけに、使用に注意は必要です。

ミカルディスの価格と相性の悪い食べもの

ミカルディス(テルミサルタン)の価格は、20mg錠で1錠あたり60.9円です。
40mgでは1錠あたり115円、80mgで1錠あたり174.8円となっています。用法と用量は年齢や症状により適宜増減されます。
自己判断で飲むのをやめたり減らしたりしないで、必ず医師の指示の通りに服用するようにしてください。

またミカルディスは食前に服用するよう指示されていたら必ず食前に、食後の指示があれば食後に服用するよう心がけてください。

飲み忘れた時の注意としては、忘れたからと言って絶対に1度に2回分を飲まないようにします。
多く飲みすぎると血圧が下がりすぎてふらつく恐れがあるためです。 誤って多く飲んだ場合には医師や薬剤師に相談してください。

高血圧の薬を服用している方はよくグレープフルーツを食べてはいけない、と言われています。
前述の通り、グレープフルーツは血圧を下げる効果のある食べものです。
グレープフルーツの影響を受ける降圧剤はカルシウム拮抗剤と呼ばれる種類の薬になります。
グレープフルーツに含まれるフラボノイド成分のフラノマリンが薬を代謝する酵素を抑えてしまうため、カルシウム拮抗剤の血中濃度が上がり、効き目や副作用が強くなってしまうのです。

ミカルディスはARB(アンジオテンシンII受容体拮抗薬)という種類の薬になりますので、グレープフルーツの影響は受けない、と言いたいところですが、ARBはカリウムを体内に蓄積しやすい性質があります。
ミカルディスは副作用が少なく安全性の高いお薬ですが、副作用で高カリウム血症を発症することがあります。
従って、カリウムを多く含む食べ物(海藻やスルメ、煮干し、干し椎茸など)は避けた方がいいでしょう。
グレープフルーツは比較的カリウムを多く含む果物ですので、気をつけた方が良いでしょう。

また、血圧を下げる効果のある他の薬や食品などと一緒に服用すると血圧が下がりすぎる恐れがあります。
普段服用している薬は必ず医師に報告して、食生活についても指示を受けるようにしてください。